イベントのマーケティング活用第一人者、Braze田中裕一さんに成功の秘訣を聞く
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

イベントのマーケティング活用第一人者、Braze田中裕一さんに成功の秘訣を聞く

イベントレポ|EventRegist

イベントレジストCEOヒラヤマコースケと月刊イベントマーケティング編集長の樋口陽子さんがお届けする、イベント情報番組「コースケ・よーこのミュートを解除!」。

第47回(2022年1月14日(金)配信)のゲストは、DXやオンラインサービスを推進するIT業界のマーケティング戦略に、アナログとも思えるリアルイベントを組みこんできた田中裕一氏。イベントの資格CMPなども取得するなど、イベントを仕事に選んだ理由はなにか。マーケティング戦略におけるイベント施策とは。コロナ後のマーケティング戦略におけるイベントの新しい在り方は…などについてうかがいました。

田中裕一氏の印象的だったお話を一部紹介。

マーケティングコミュニケーションは、これからまだまだ進化が必要だと思う。メールやアプリのプッシュ通知などの、パーソナライゼーションができていなかったり、タイムリーに届けられないことが多い。消費者視点で、消費のタイミングに合わせたコミュニケーションが大切であり、消費者がそれを求めている時代でもある。

アメリカでは、「デジタルボディーランゲージ」という、デジタル上の行動を見ながらコミュケーションを図る手法が、主流になりはじめている。そのためには様々なデータを直ちに取り込み、それを元にアクションをしていくことが必要になる。イベントにおいても、お客様へのタイムリーな情報の提供が重要で、今後、日本でもその分野が進化していくのではないか。

デジタル上にも「ボディランゲージ」があると考えれば、コロナ禍でもイベントマーケターの活躍機会が増えていくのではないか。
多くのイベントマーケターがデジタルのナレッジを深めてきた2年間だと思う。それが、リアルもオンラインもハイブリッドも、何でもできる強みになるのではないか。

イベント情報番組「コースケ・よーこのミュートを解除!」アーカイブ配信は下記より視聴できます。

▼YouTubeLIVE
https://youtu.be/nEojNUWruN8

▼Podcast
https://anchor.fm/event-marketing

この記事が参加している募集

イベントレポ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
今日のあなたに幸あれ!
イベントレポ|EventRegist
イベントマーケティングプラットフォーム運営のイベレジがお届けする ”note”。