新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

イベントを実施できない状況で、イベレジがお手伝いできること

イベントレジストのヒラヤマです。

この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

今回の新型コロナウイルス感染症による影響により、多くのイベント主催者の方々が、イベント開催中止や延期、ウェブセミナーへの変更などの対応をされています。当社にも主催者のみなさまから、連日様々なお問い合わせやご相談をいただいています。
せっかく予定をしていたイベントやカンファレンス、展示会に来場者をお招きすることができない現在の状況は、主催者とともにイベントの成功に立ち合わせていただく我々も同様に残念で、つらいことであると感じています。

イベントレジストは2011年のサービス開始以来、オンラインで簡単にイベントを作成したり来場者管理できるプラットフォームを提供してきました。また様々な業界、様々な形のイベントを主催者の皆様と作り上げ、参加もしてきました。
その経験から感じるのは、リアルに人と人が出会うということは、実に多くの未来への希望や、奇跡を作り上げてくれるということです。

今、色々相談に乗ってくれるAさんとの仕事は、あのイベントで挨拶したことからはじまった
自社にとって取引の大きなあのクライアントは、展示会の出展が最初の出会いだった
あのコミュニティイベントで課題を共有したら、新しいプロジェクトが生まれた

自分の経験を振り返ってみて、ビジネスもプライベートも大切な出会いは、イベントやネットワーキングから生まれたものが多くあります。こうした、いわばセレンディピティ的な出会いや共鳴は、リアルな場で人が出会えるイベントだからこそ生まれやすいものであり、味わえるものであると思います。

一方、イベントレジストが大切にしていること、それは「人の出会いを情報と技術の力で加速化し、未来への希望を増やす」ことです。
オフライン、オンラインにこだわらず、またイベントという手段にもこだわらずに、出会いを絶やさず、状況に合わせた適切な方法で、未来への希望を増やしていきたいと思っています。

画像1

現在、大勢の人が集まるイベントを開催することが難しい中、イベント管理のプラットフォームを運営しているイベントレジストがご支援できることは、主催者の方々が抱えている悩みを伺い、システムで解決できることを見出し、ビジネスゴールの達成を一緒に考えさせていただくことだと思います。
すでに様々な主催者の方からご相談をいただいていますが、オフラインのイベント開催は一旦止めているけれど他にどのようなことができるか、オンラインのイベントはどう実施すれば良いか、映像配信会社を紹介して欲しい、などオフライン、オンラインにかかわらずイベント周りのお悩みはイベントレジストのメンバーにぜひご相談いただけたらと思います。

相談する連絡先がわからない場合は、下記リンクに担当者の空き時間を、公開しておりますので、ミーティングのリクエストをいただけますと幸いです。
▶ お打合せ調整リンク

イベレジで、全てを解決することはできないかもしれませんが、ご一緒に現下の状況に、立ち向かって行きたいと思っています。
イベレジは創業当初よりリモートワークの体制を整えておりますので、オンラインミーティングやメールなどでもお話を伺えます。

まずは皆様の健康を第一にしていただきたく思います。
そして、しばらくはオンライン開催に限定されるかもしれませんが、わくわくするようなイベントを一緒に仕掛けていきましょう。


イベントレジスト株式会社
代表取締役 CEO ヒラヤマコウスケ

スキをもらえるとほっこりします^^
6
オンラインイベントプラットフォーム運営のイベレジがお届けする ”note”。